LOCATION

撮影ロケーション

大仙日本庭園

大仙公園内に市制100周年を記念して造られた、伝統的な日本庭園の作庭技術で造られた築山林泉廻遊式庭園です。
門を抜けると、大池・流れ・花の広場ゾーンに分かれた広大で美しい庭園が広がり、総檜づくり銅板葺きの休憩舎は、15世紀の納屋衆と呼ばれた商人たちの集会所を想起して建てられています。
美しい花木に囲まれた素朴なあずまや青苔亭(せいたいてい)、池泉の河口の島にかかる映波橋(えいはきょう)・印月橋(いんげつきょう)、初夏にはハナショウブやカキツバタが咲く風情豊かな杜若池(とじゃくち)、虎渓の水を集め大海に注ぐ飛流瀑など、美しい池や流水や四季折々の花に彩られた庭園は、堺の明日を象徴するものです。
2月中旬が見ごろの約70本の梅も植えられています。
また春(4月中旬~下旬)は八重桜と牡丹・秋(11月下旬~12月初旬)は紅葉など四季折々の風景が楽しめます。

  • ※月曜は休園日です。また春と秋の観光シーズンは土日祝日の撮影が不可となります。

大仙日本庭園のギャラリーへ

大阪城公園+30,000yen

大坂城特別史跡地に所在する広大な歴史公園です。
公園内には樹木が多く植えられ、二の丸市正曲輪の梅林、北外曲輪の桃園、西の丸庭園の桜など、花見シーズンには梅・桃・桜の名所となっています。
また、杉山地区は森林公園となっており、外濠の水辺に集まる野鳥を眺めて家族連れが憩う姿も見られ、都会のオアシスとして市民から愛されてます。
天守閣を背景にダイナミックな写真を撮ることができます。

  • ※撮影は平日限定となります。

大阪城公園のギャラリーへ

鶴見緑地公園(洋装のみ)+30,000yen

1990年に開催された「国際花と緑の博覧会」跡地を利用した公園です。
約120ヘクタールの広大な園内は緑があふれ、大阪市内とは思えないほど自然美を満喫できる空間が広がります。
海外から出展された多数の国際庭園の他、オランダから設計図を取り寄せて造った風車がある風車の丘、バラ園、大芝生など、花や緑に囲まれたロケーションです。

鶴見緑地公園のギャラリーへ

マーブルビーチ(洋装のみ)+30,000yen

マーブルビーチはりんくうタウンの海岸線に沿って続く、大理石の人工渚であり、りんくう公園の一部です。
背後に青い松林がつづくおよそ900mの白い海岸と、青い海と空とがつくるコントラストが美しいロケーションです。
夕陽で朱色に染まる空に、飛行機のシルエットが鮮やかに描き出される様子はとても美しく、「日本の夕陽百選」に認定されています。

マーブルビーチのギャラリーへ

  1. ホーム
  2. ロケーション